仙台豆腐料理創始店 |仙台日本料理店

宮城の名物と言っても過言では無い大豆 全国第2位の生産量を誇る「大豆」 中でもミヤギシロメ大豆は高級品種!!

高級な味噌やお菓子などにも使われる大豆の豆腐を 当店用の特注の豆腐を使用しています。

 

50年前 主役にはならない名脇役の「豆腐」をあえて主役に とはじめえたのが先代の親方、 その「豆腐」を更にグレードを上げて提供をしたのが約10年前 日々微妙に進化しています。

 

一番食べて欲しいのが 湯豆腐専用桶 「たる源」で頂く 湯豆腐専用豆腐!! 究極の湯豆腐と言っても過言ではないと考えています。

 

 

濃厚で非常に甘い大豆の香りと味がする豆腐を使用しています、豆腐の概念を根底から変えると言っても過言では無いと思います、一度お試し下さい。

 

一般的な認識は当店の豆腐は高い豆腐だと思います、ですが本当の国産大豆100%で作った豆腐をこのお値段として提供するのはコスト的に相当無理なお値段 正直仙台で初めて豆腐料理専門ではじめた店の意地と誇りだけで提供しているお値段です。

 プリンやデザートの感覚の豆腐ではございません 十分なる存在感のある豆腐しっかり味がして食べ応えのある質感の豆腐 昔ながらのにがりを打って作る豆腐

 

 

 究極の湯豆腐桶です。  この桶に入れることで豆腐の味が数段良くなります

豆腐は全て 宮城産豆 ミヤギシロメの特注品を使用しています。

豆腐は全て特注品 、全て100%正真正銘の宮城県産大豆なので とても香りが良く

甘みが強くこんな濃い豆腐はなかなか食べられないと好評を頂いてもおります

 

木綿は加熱して美味しい様に作っています。(冷奴には向きません)

冷奴は無い代わりに 大豆の良さを堪能出来る ミヤギシロメ大豆の

「おぼろ豆腐」を提供しています

 

当店のおぼろ豆腐 2017年東北豆腐サミットで銀賞を頂きました

 

高級大豆 ミヤギシロメの詳しい情報はこちらのバナーから

(宮城県農林水産部食産業振興課)

たる源

京都の桶屋さんの屋号

全て手づくりで作る湯豆腐専用桶を当店は使用しています。 この容器を使用する事で 豆腐本来のポテンシャルを最大限に引き出す事ができ、温度帯も絶対に 「ス」 が入らない温度に保ち、木の良い香りが食欲をそそります。 注文すると2年待ちと言われる程希少価値のある容器です。

 

年間10個も造れない代物で、まず材料の木が無い事 全て手作りで大量生産が出来ない事

でもこの桶に入れた事で味が数段良くなるので絶対外せない道具です

 (この桶を使用しているのは仙台では当店だけだと思います)

たる源湯豆腐桶とは?

 

 

豆腐と考えると料金は高いとは思いますが、全て国産品で手作りですので、一般市販品とは味も香りも別物でございます。至高の豆腐を是非お試し下さい

 

 

宮城産ミヤギシロメ大豆 グルメな方もこの豆の甘味を食べたら感激です
宮城産ミヤギシロメ大豆 グルメな方もこの豆の甘味を食べたら感激です
納豆は地元栗原 川口納豆を使用しています
納豆は地元栗原 川口納豆を使用しています

・豆腐について・・・

当店は昭和46年に創業 当時は豆腐料理専門店でしたので豆腐にはこだわりを持って提供致します。

 

豆腐と一口に言っても色々な豆腐がありますが当店は宮城産の大豆 ミヤギシロメ、タチナガハの品種の物を 特注で作っている物を使用しています。